ニチレイが挑むイノベーションとは

食品業界におけるイノベーションを考察するためのサポートサイト

ニチレイのイノベーションと消費者の関係

食品業界におけるイノベーションを定義づけるため、狭義のイノベーションについての基礎的な定義を試みると共に、食品業界でのイノベーションの具体的な例示を行なった上で、日本においての食品業界のイノベーションの発生状況に対する私的見解をまとめました。

ニチレイによる食品業界においての技術イノベーション

ニチレイにとってのイノベーションの意義と経営に占めるウェイトの大きさについて言及しつつ、ニチレイによる食品関連の技術開発の具体例として、既存技術のイノベーションによる冷凍炒飯と冷凍ハンバーグの改良と新規事業によるイノベーションに当たる新規サービス開発を提示しています。

食品以外のイノベーションへのアプローチ

本項は、技術以外のイノベーションとして経営戦略によるイノベーションを明示し、ニチレイが取り組む食品加工以外の新規イノベーションとビジネスモデルのイノベーションの双方を併せて理解するためのベーシックな知識を大まかに解説することを試みたページです

食品業界でのイノベーションと日本の得手不得手

ニチレイが営利目的で経営されている企業であることは揺らぎない事実であり、否定の余地はありませんが、健全な経営による利益の追求と同業他社との競争に勝つ手段としてイノベーションを選択し、経営と技術の両面でのイノベーションによる、既存の顧客へ提供するサービスの質を高め、新規の需要開拓を継続する姿勢を示しています。

つまり、ニチレイがイノベーションを柱とした経営を行うことは、商品やサービスの質を向上するための企業努力を継続することを意味し、ニチレイは自社のレベルを上げることによる既存顧客の維持と新規顧客の獲得のためのイノベーションを試みるからこそ、消費者としては一切のデメリットを被ることは無く、ニチレイ商品の味や提供サービスの質が向上することになるため、ニチレイのイノベーションが消費者のニーズに一致する限り、ニチレイのイノベーションは消費者にとってプラスに働くことになりますが、実際に継続的イノベーションの全てに成功することは有り得ず、ニーズを必ず捉えることができるとは限らないことまで考慮すれば、あくまでニチレイという企業の経営姿勢が消費者にとってのメリットに合致しやすい傾向にあるに留まるでしょう。

結局のところ、ニチレイのイノベーションは企業が利益を上げる事こそがその本旨ではありますが、イノベーションに重点を置いた経営姿勢は、顧客と向き合う努力を惜しまないことを示してもいるため、どちらかといえばニチレイのイノベーションは消費者にとってプラスに働くと言って良いのではないでしょうか。