食品業界におけるイノベーションを考察するためのサポートサイト

>

ニチレイのイノベーションと消費者の関係

食品業界におけるイノベーション

イノベーションとは狭義には産業革命のように経済の発展へ大きく寄与するような革新のことを指しますが、食品業界に限定して定義した場合、食品生産技術・食品加工技術・食品保存技術といった既存の食品に関わる技術の発展並びに新規技術開発による経済への技術による好影響や、食品業界における既存の技術やサービスの枠組みを超えた新形態のビジネスモデルの確立による経済への貢献などが食品業界におけるイノベーションに当たるでしょう。

もっとシンプルに言うなら、技術面と経営面のいずれの形を取ったとしても、食品業界の中から経済に波及するだけの新しい何かがもたらされることこそ、食品業界にとってのイノベーションであると言えます。

日本はイノベーションよりも最適化が得意

日本はイノベーションが生じにくい国であり、これは職人気質な国民性もさることながら、経営と技術開発におけるセオリーが深くかかわることに起因し、食品業界のように一つのヒット商品だけで企業経営を安定させるだけの競争力を持ちえないと判断するのが一般的な業界において、ヒット商品の利益による事業拡大で大手の関心を買い、大手からの買収を受けるのが基本的な経営戦略であることとそのような傾向が強い分野が多いことこそが日本においてイノベーションが発生しにくい要因となっています。

他方、既存の経営手法や技術を国内向けに落とし込む能力には秀でており、イノベーションが発生しにくい土壌が、最適化にはプラスに働いていることが窺えるのです。


この記事をシェアする